はこだて国際民俗芸術祭組織委員会 WMDF.org Committee of World Music and Dance Festival

はこだて国際民俗芸術祭(WMDF)は、世界の音楽や舞踊を通じて、大いなる喜びを分かち合うと共に、未来に対して責任ある態度を育みます。

一般社団法人WMDFの設立について

(2010年3月 3日 更新)
はこだて国際民俗芸術祭組織委員会は、2月25日に函館公証人合同役場にて定款の認証を受け、同日函館地方法務局に「一般社団法人WMDF」の設立登記を申請しました。申請についてはその後の処理期間において不備がなかったため、2月25日にさかのぼり、一般社団法人WMDFが設立されました。
一般社団法人WMDFは、はこだて国際民俗芸術祭を行い、函館における文化と芸術の振興、社会教育、まちづくりの推進をはかります。また、活動に関して非営利の会計事務を行います。公益法人制度改革による法改正(2008年)後、函館近郊における一般社団法人の設立事例はごく少数です。
一般社団法人WMDFは、社会の変化や時代のニーズに対して柔軟に対応できる法人として、いわゆる「新しい公」的な役割を担いたいと考えています。具体的には、はこだて国際民俗芸術祭を通じて、国際観光都市函館の発展に寄与したいと願っています。

○WMDFとは World Music and Dance Festivalの頭文字をとり、ダブリューエムディーエフとしました。当法人は、一般社団法人WMDFと称し、英文ではWMDF General Incorporated Associationと表示します。

○目的および事業 国際色豊かな文化と芸術の祭典であるはこだて国際民俗芸術祭を通じ、国際観光都市函館における文化と芸術の振興、社会教育及びまちづくりの推進を図り、その発展に寄与することを目的とし、その目的に資するため次の事業を行います。
 1 はこだて国際民俗芸術祭の企画・立案・開催
 2 はこだて国際民俗芸術祭に関する役務の提供
 3 はこだて国際民俗芸術祭に関する物品の販売 など

○事業年度 毎年1月1日から12月31日までの年1期。

○非営利の会計 剰余金の分配を行わない旨の定めなど、定款には「非営利性が徹底された法人」の要件を満たす規定を置きました。

○社員
代表理事 イアンフランク
代表理事 ソガ直人
社員 ふくだたくま
社員 北村資暁

○はこだて国際民俗芸術祭組織委員会の名称について 任意団体である組織委員会は、今後新設法人へ事業を引き継ぐ手続きに入ります。なお、新しい名称が定着するまでの間、場合によって、旧組織委員会の名称を併記する予定です。

○はこだて国際民俗芸術祭について 「はこだて国際民俗芸術祭」(WMDF)は、日本を代表する夏の大型フェスティバルです。これまで15の国と地域、300人を超える世界の民俗芸術団体が、芸術祭に参加しました。元町公園、市民会館、まちづくりセンター、五稜郭タワーなど各所にて、舞台公演や体験型講習(ワークショップ)を行います。

本件のお問い合せ先 (制作会社)株式会社ヒトココチ 管理部 ふくだたくま TEL. 0138-51-5727
〒041-0833 函館市陣川町52-1 ※組織委員会では事務局を担当しています。

インフォメーションピックアップ スタッフ募集中!

はこだて国際民俗芸術祭組織委員会は、芸術祭を成功させるため、随時スタッフを募集しています。芸術祭成功のため、力を貸してください!

詳細はこちら